病気のリスク軽減にチャンピックスの服用ステップ

たばこにはがんを始めとして、呼吸器や循環器の疾患の原因となるリスクがあることが知られています。
喫煙者本人に加えて、周囲の人がたばこの煙を吸ってしまったときには副流煙によるリスクもあります。
これらの認識によって、世界中で禁煙の呼びかけが行われており、日本でも医療機関で禁煙補助剤による治療を受けることができます。
禁煙補助剤として日本で使用されているものは、2008年に認可を受けているチャンピックスで、医療機関を受診することで医師の指導の下で処方されます。
薬局やドラッグストアではチャンピックスの購入をすることはできませんので、医療機関を受診する必要があります。
チャンピックスは医薬品ですので、禁煙を達成する効果を得るためにも用法や用量を守って服用することが大切です。
チャンピックスの服用による禁煙治療のステップは、最初の1週間は今までどおりに喫煙しながら、チャンピックスの服用を行います。
チャンピックスには脳内の受容体と結びつく作用がありますので、ニコチンによるドーパミンの放出を阻害する効果が得られます。
ニコチンの代わりに受容体と結合することで、たばこを吸っても満足感が得られなくなって、たばこへの切望感を減少させることができます。
禁煙治療のステップとしては、8日目から禁煙をはじめて、合計で12週間の服用を行います。
チャンピックスの服用を開始する8日目の前の段階で、たばこを吸いたくなったときには、すぐに禁煙を開始する必要があります。
服用のステップを守って正しく治療を行った人の場合には、初回でチャンピックスの服用を中止した人と比較して、7.5倍の禁煙成功率があると報告されています。
そのために自己診断によって服用の中止をすることなく、治療を継続することが大切ですが、万が一体調不良のリスクを感じたときには医師に相談するようにしましょう。